2010年6月30日

床板張替え作業完了

先日より取り掛かっていました床板張替え作業ですが、ようやく完成になりました。

 

20100630 002.jpg

 張替え作業終了後の画像です。

入庫後に撮った画像と比べ物にならない

ですね。新品同様になりました。

 

 

 

 

張替えした後にニスも塗っていますので質感がまるで違います。

20100630 003.jpg

 

近くによって見るとさらに光沢が出ている

様子が分かります。

ちなみに中央下にある板に埋め込まれた

黒い物体は荷物を固定する為に使用する

ロープ穴です。

黒一色で目立たなくしてありますが、

ここにフックやロープを引っ掛ける訳ですね。

 

さて、床板張替え作業は終わりました。このような作業は多くありませんが、架装の一部ですから

マルキでは作業を行っています。また機会がありましたらお伝えしたいと思います。

 

2010年6月29日

鋭意作業中

先週から続く床板張替え作業ですが、他の仕事との兼ね合いもあり少し時間が

かかっています。

只今、全力で作業中です・・・・・・

20100628 003.jpg
20100629 002.jpg

ロープ穴やボルト止めなどの作業があるため板を張ったものの、いまだ完成しておりません。

おまけにここ何日かは雨が降ったり、曇り空だったりで湿度が上がって作業効率が悪い状態が

続きます。

2010年6月24日

床板張替え・続き

昨日に引き続いて床板張替え作業中です。

20100624 004.jpg

 

新しい板を車輌に合うように寸法を

合わせて加工しています。

 

 

 

 

 

20100624 001.jpg

 

半分張替えが終了したところです。

取り合えず合いましたが、これから

ボルト止めやニス塗り等があります。

 

 

 

今日は右側のみでしたが、明日には左側も張り終える事ができると

思いますので、張り替わった画像をUPしたいとおもいます。

2010年6月23日

床板張替え

久しぶりの更新になりましたが、高知は梅雨の最中らしく雨模様もしくは曇り空が続いています。

マルキではクレーン付き運搬車の床板張替え作業が始まりました。

 

20100623 001.jpg

 

これが張替え作業前の状態です。

ちょっと分かりにくいかも知れませんが、

手前の床板はかなり破損しています。

 

 

 

この板を剥いで、張替え作業を行います。

 

20100623 009.jpg
20100623 012.jpg

左が剥いでいる最中の画像、右が剥いだ直後の画像です。下地の鉄板が見えていますが、

これから板を取り付けていたボルトやリベット等の固定部品を外していく作業になります。

 

今日はこれまででした。今後の作業については順次公開する予定です。

2010年6月14日

日本自動車車体工業会

先週の6/12(金)は高知を離れて会社が会員となっている社団法人日本自動車車体工業会の

四国支部講習会が高松市で開催され、代表して参加させていただきました。

 

車体工業会は荷台架装、特装車等にに関係する会社の集まりで事業を通じて社会貢献や

安全への取り組みを行う事が主な活動の団体です。

当然の事ながら、昨今巷で言われている「コンプライアンス」や「環境問題への取組」も課題と

しており、車輌を取り巻く環境の改善と法令改正への対応、キャンペーン等を通じて活動して

います。

 

今回は車体工業会の現状と取組課題の説明があり、不正改造車を排除する運動やリコール

届出内容の分析、自動車検査施設の高度化概要説明等がありました。

 

感想としてはやはり、自動車整備とりわけ車体に関する環境は厳しさを増しているという事を

あらためて感じると車体を取り巻く環境は、経済面だけではなくそれに関る法令や生産や流通

に関る方面からの要望や改善があり、全てに影響してくるのだと思いました。

 

同席した方々の話しを聞くと、普段は会社内に居て同じ環境、同じ人たちとの関係だけですが

他社の人達(特に県外の方)との交流は新鮮で、視野を広げてくれます。私は今回、初めての

参加でしたが機会があればまた参加して色々な人の話しを聞ければと思います。

 

2010年6月 5日

サブフレーム修理

しばらくご無沙汰でしたが、ここ最近はサブフレームの修理がありました。

 

20100603002.jpg

 

サブフレームとは特殊車を車に載せる

場合にシャーシへそのまま載せると、

荷重に耐え切れず折れてしまうため

補強をする為のものです。

 

←これがサブフレームですが、かなり

歪んでいる事が分かります。

こうなったら修正は不可能ですので、

今回は乗替を行いました。

 

下の図はサブフレームを外した状態と取り付けた状態になります。 

20100524 006.jpg

20100605 002.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 いかがでしょうか?取付け前と取付け後では明らかにボリュームに違いが出ている事が分かります。

こうしておかないと特装車の場合は架装する重量物に耐え切れず折れてしまいます。見えない部分こそ

重要なのだと実感しますね。

 

さて、これで一段落ですがこれから架装物を載せる大仕事が待っていますので来週からの仕事に

備えたいと思います。それでは、来週にレポートさせてもらいます。