2010年10月28日

架装仕上げ

数回に渡ってユニック取付及びボディ架装の紹介をしてきましたが、いよいよ仕上げと

なりました。

と、いっても文章にするほど加工・処理を施したというわけではありません。ライトや工具箱の

取付ですので、見てもらえれば十分・・・・・・なのかな?

 

国見ユニック 鳥居作業灯.jpg
サイド作業灯.jpg

国見ユニック工具箱.jpg

 

国見ユニック 後部作業灯.jpg

 

国見ユニック リン木入れ.jpgのサムネール画像

ボディ各所に取り付けられた付属品です。鳥居やボディのサイド、後部にライトが。ユニックの

すぐ傍に銀色の箱がありますが、工具箱です。ボディは本来キャビンのすぐ後ろにあるため

スペースが無いのですが、ユニック取り付けの為ボディをずらしたので

こんな事ができるんですね。

ちなみに一番下の画像に見えている金網状の箱はリン木入れです。荷物の運搬をする際に

気をつけないといけないのは対象物に疵が付いてしまうことです。

荷台へ直に置いてしまうと疵をつけるため、下に木を敷いて防止するわけです。

ですが、荷台へ積むとスペースを取りますし、固定させるためには加工が必要になります。

その為にボディ下に開いたスペースを利用して取付をしているわけです。

 

・・・・・・上で文章にするほどでは無いと言っておきながら長々と書いてしまいましたが、

作業はそれほど凝っているわけではないので使用目的や理由を書かせて貰いました。

ここまで読んで下さって感謝します。

 

次回はまた別の作業を紹介します。週末・月末に向け台風も接近する中十分に注意を

払いたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2010年10月27日

ボディ乗せ

ボディ加工を紹介していた車両ですが、今日シャーシにボディを載せることが出来ました。

20101027 005.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ載せた状態というだけで、もちろん固定はしていますけどこれから調整が入ることになります。

20101027 009.jpg

 

かなり、暗い感じに写って

いますが、別角度から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は全国的に気温が下がって季節を先取りしたような天気でした。

その為か外は少し曇り気味で風が強かったですね。

さて、ここまでくればあと少しで完成となりますので、その様子も紹介していきたいと思います。

 

 

2010年10月25日

ボディ加工

昨日から降り続いた雨は朝になって一旦、上がりましたが午前中にパラパラと小雨が降り、

昼前頃に降り始めました。

気温の変化に加えて雨が降った時は体調を崩しやすくなるので要注意です。

20101025 004.jpg

さて、ずっと紹介をしている

クレーン架装の車両ですが、

ボディ加工が続いています。

 

これは前回から進んだ状態。

リヤのアオリが付いて、ロック

するための器具が付いている

事が分かります。

 

 

 

 

 

 

20101025 007.jpg
20101025 010.jpg

上記の二点はボディに取付をするための工具箱(上)サイドバンパー(下)です。

まだ製作中のため吊るされたり、床に置かれたりしています。まだこれに工作物を

作成中だったので、さらにボディに付属品が取り付きます。

どのような感じになるのか楽しみですね。

 

2010年10月21日

ボディ切り

今日は少し物騒な物言いから始まりましたが、作業の内容はそれほど的を外していません。

前回から少し紹介をしているユニックの架装ですが、クレーンをシャーシに載せる事が出来ま

したので、事情があって少し間が空きましたが、今日からボディ(荷台)の加工作業に入ります。

20101021 003.jpg
20101021 004.jpg

分かり図らいかと思いますが、サイドのアオリ板は既にカットした状態です。リヤのアオリ板は

作業の為に外しております。下の画像ではサイドアオリ板の切断面がキレイに出ています。

本当はこの作業の様子もお伝えしたかったのですが、作業員の手早さと来たら予想以上

です・・・・・・。こちらが仕事で動けない間にやってのけてしまいました。

 

20101021 006.jpg

これは荷台をサイドアオリ板に合わせてカットする直前の画像です。荷台は木材ですが、

黒いのは防錆も兼ねた処理をしているためです。

20101021 011.jpg

これがカットが終わった状態です。作業員が見当たりませんが、サボっているわけではあり

ません。休憩中です。

まだまだ作業は続きますが、それは改めて紹介しましょう。

2010年10月15日

昨日の続き

20101015 001.jpg

 

20101015 002.jpg

20101015 003.jpg

 

 

 

 

 

 

 

いきなり画像から入りましたが、本日はこんな様子でした。昨日、ユニックを載せる

準備をしていましたが取付を行いました。よくよく見ると昨日の位置からは移動して

いる事がわかります。

20101015 005.jpg

 

取付後に確認作業をしていました。

なかなか顔を見せてくれない・・・

 

 

 

 

来週からは新しい作業に入ると思いますので、また紹介したいと思います。

2010年10月14日

今日の様子

10月も半ばになると例年なら秋風が吹く頃ですが、今年は少なくとも日中は暑い日が続いて

います。以前ほどの厚さではありませんが、それでも25℃を超えたりして朝夕との温度差が

激しい感じがします。

 

さて、このところ更新がありませんが紹介できるような特殊な仕事があまりありません。

というより、あっても以前紹介したような作業ばかりなので掲載するほどではない・・・という

次第です。

20101014 架装工場.jpg

20101014 油圧工場前.jpg

 このように工場に入庫はあり、作業もしています。決して仕事が無いわけではありませんので、

あしからず。

 

20101014 国見ユニック載せ替え.jpg

これはユニックの架装準備です。

以前にも紹介させてもらいましたが、

これはまだ始まったばかりです。

 

このあとユニックを載せる為の

フレーム補強作業があります。

 

 

また何か特殊車両の作業が入れば紹介させて頂きます。

なるべく、早めに記事をUPしたいと思います。

2010年10月 6日

スリランカにて

本日は、マルキではなく海外からの情報を紹介します。

スリランカにある関連会社のマルキランカではしばらく前からスリランカ政府公認の

重機オペレーターの育成事業を開始しています。

重機を操作するために必要な知識や方法等を総合的に学ぶための学校で

マルキランカ内にあります。

 

マルキランカ門.JPG

これは正門です。

黄色の帯で書かれた文字が

その学校をしめしています。

左右に日本とスリランカの

国旗が見えますね。

 

 

 

 

マルキランカ工場.JPGのサムネール画像

マルキランカ内 ブース.JPGのサムネール画像これはその工場と内部に設置されたブースです。下側の画像にヘルメットと「LECTURE ROOM」

と書かれたプレートがありますが、これは事務所になっていてこの2階で講義を受けます。

その奥にある仕切りが作業用ブースで、このスペースで機械に関する仕組みや修理の仕方を

習うようです。

  スリランカ政府公認.JPG

これはスリランカ政府公認の

証明書です。

少し分かりにくいのですが

これにも両国の国旗が

入っているのが分かります。

 

 

 

 

 こちらが行った時にはちょうど、研修の無い日だったらしく

実際の風景を撮ることは出来ませんでしたが、機会がありましたら紹介をしていきます。

それでは、最後にスリランカの風景を一枚。

市内.JPG

2010年10月 1日

今日も、今日とて忙しき日

今日から10月になりました。多くの企業では9月に期末や区切りを迎えて新しい年度へ

向かう時期ですが、マルキは11月末が期末になっております。それでも、周囲は新しい体制へ

移行したり、先日まで棚卸しがあったりと少々、騒がしいようです。

 

さて、マルキも新しい事を・・・となりますが、それは少し後になります。今日も今日とて作業に

追われる日となりました。平坦な画面ですが、これも仕事です。

20101001 004.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20101001 010.jpg

最近、更新が滞りがちなのは特殊作業があまり無いことが大きな要因です。あっても

前に紹介したような事ばかりですので、日々の作業を撮っても記事にできるほどでは

無いのです。上2枚も今日の工場ですが、クレーンの年次点検や車検が行われていました。

9月末前後には期日を迎える車両が多いのでそちらに労力を割かなければいけないんです。

 

20101001 011.jpgこれは工場からの画像です。良く晴れた日となりましたが、前日までは雨でした。また

週末は天気が下り坂になるそうなので、束の間の晴れ日ですが、30℃近くまで気温が上がり

日中は暑い一日となりました。朝晩だけでなく、日々も気温の変化が激しくなっていますので

体調にはお気をつけ下さい。